<   2009年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

チュウジシギ

台風が近づいて来て、不安定な天候でしたが、近所の田んぼを回ってみた。
少しだけ残る休耕田の水溜りに数羽のタシギが採餌していた。田んぼ脇に車を寄せて撮影していると、ちょっと水には入らず畦の上で採餌しているチュウジシギを発見!!とてもラッキーでした。
タシギに比べて少し大きく、全体的に暗色だった。

c0096278_16564844.jpg
c0096278_294996.jpg
Swinhoe's Snipe L27-29cm

c0096278_1502941.jpg
Common Snipe  タシギ L25-27cm
[PR]

by kjun5860 | 2009-08-30 17:03 | Trackback

赤色型

ツツドリの赤色型が出ているとの知らせで会って来ました。ポイントでは3羽(2羽は普通種)が既に色づき始めた桜の樹にやって来ては毛虫を盛んに啄ばんでいた。縄張り争いなのか、タイプの違うこの子は2羽から追われる立場で、抜けた枝にきてくれた!!とシャッターを切り始めると、直ぐに追いやられるしでなかなか落ち着かない。警戒心も強いので条件的には余り良くなかったけれど、初めて撮影できたので良しとしましょう。(笑)


c0096278_2119143.jpg
Oriental Cuckoo ツツドリ L33cm
c0096278_695174.jpg
Eurasian Cuckoo カッコー? L33-36cm
[PR]

by kjun5860 | 2009-08-29 21:21 | Trackback

Hybrid PartⅡ

今日も一日田んぼで過ごした。照りつける太陽が水溜りをどんどん小さくしてしまうけれど。この子は全く気にする事無く採餌に夢中、ずーっと地面を突きっぱなしだからなかなかシャッターチャンスが・・(汗)。
それでも午前中は光の具合もよく、またギャラリーも少なかったから好条件で撮影が出来た(笑)。
諸説紛々だけれど、どうやらハマシギとヒバリシギのハイブリッドらしいです。
現地ではハマヒバリシギってニックネームも。鳥友や顔見知りの方々と楽しい時間を過ごしました。

c0096278_20595439.jpg

c0096278_2101335.jpg
c0096278_21103593.jpg

c0096278_2102394.jpg

[PR]

by kjun5860 | 2009-08-23 21:02 | Trackback

オオタカ成鳥

c0096278_19291549.jpg
c0096278_19293250.jpg
c0096278_19294621.jpg

[PR]

by kjun5860 | 2009-08-23 19:31 | Trackback

Hybrid?

難しい!一緒に採餌していたトウネンと比較して一回り程大きく、嘴も長く、先端が少し曲がっている。
一体、君は誰なの?

c0096278_6333331.jpg
c0096278_6351852.jpg
c0096278_6334679.jpg
c0096278_634153.jpg

[PR]

by kjun5860 | 2009-08-23 06:36 | Trackback

オオタカ

暑い一日となった。
田んぼでシギチを観察していると、少し先の休耕田に集まっていたサギの群れがパッと散った。
オオタカの若鳥がアタックしたのだ。見事に一羽のアマサギを捕獲した。
水が溜った場所では捌きずらかったのだろう、鷲掴みして先ず畦まで運んだ。
それから辺りを警戒しながら、ゆっくりと捌き始めた。
相当空腹だったのか、一時間以上もの時間を掛けてほぼ完食して飛び去っていった。
危うく熱中症・・・・。


c0096278_19464358.jpg
c0096278_532202.jpg

c0096278_19471244.jpg
c0096278_21125467.jpg
Northern Goshawk juvenile
[PR]

by kjun5860 | 2009-08-22 19:51 | Trackback

再会

今年も会えました。秋の渡りの始まりですね!まだまだ暦の上だけの秋だと思っていましたが、季節は着実に移り変わっているのですね。ちょっと物足りない夏だったかな。

c0096278_21375629.jpg
Eurasian Cuckoo L35cm
[PR]

by kjun5860 | 2009-08-21 21:43 | Trackback

タマムシ(ヤマトタマムシ)

秋の渡りの野鳥たちを求めて近隣の公園で過ごした。
既にトケン類やコサメビタキなども渡り始めているようだ。
そんな彼らを待っている時に、メタリックの輝きを放つ彼が、目の前の桜の木にとまった。
時間差でもう一匹も近くに飛んで来た。ほとんど見かけなくなったタマムシだった。
奈良県法隆寺に所蔵される玉虫厨子に使われている事でも良く知られている。
それよりも私には、小さい頃に母親が箪笥の置くにしまっていた木箱を開いてくれて、彼の標本?を見せてくれたことを思い出した。お金が貯まるようにって事らしい。懐かしいなあ~

c0096278_21425931.jpg
c0096278_2210173.jpg
タマムシ[カブトムシ目タマムシ科]
[PR]

by kjun5860 | 2009-08-16 21:48 | Trackback

アルプス一万尺PARTⅡ

空高くチョウゲンボウの♀若が獲物を求めて旋回中だ。
地上では色とりどりの花々に囲まれて“お花畑で昼寝を・・”などと呑気を決め込んでいる私がいる。
透き通る空気が両極端の存在を何気に繋いでいる。

c0096278_1295416.jpg
チョウゲンボウ♀若 Common Kestrel L39cmW76cm

c0096278_11172252.jpg
コウメバチソウ[ユキノシタ科ウメバチソウ属]

c0096278_1114466.jpg
チングルマ[バラ科ダイコンソウ属]

c0096278_1235373.jpg
ミヤマダイコンソウ[バラ科ダイコンソウ属]

c0096278_11144241.jpg
ヨツバシオガマ[ゴマノハグサ科シオガマギク属]

c0096278_11145733.jpg
ハクサンイチゲ[キンポウゲ科イチリンソウ属]

c0096278_11151549.jpg
イワツメクサ[ナデシコ科ハコベ属]

c0096278_11152864.jpg
コバイケイソウ[ユリ科シュロソウ属]

c0096278_11155589.jpg
チシマギキョウ[キキョウ科ホタルブクロ属]

c0096278_12351913.jpg
???

c0096278_11191089.jpg
???
[PR]

by kjun5860 | 2009-08-15 11:21 | Trackback

アルプス一万尺

初日は濃霧に雷雨で散々な登頂となった。今日こそという2日目。
出発前のアナウンスでは、ターミナル駅周辺の天気予報は上々。
薄曇、一部雲の切れ間もあるという状況だ。
御来光バスは午前3時40分夜空に星も輝く高原駅をスタートした。
何度もカーブを切って徐々に高度を上げて行く。
もっともっとすっきり回復してくれって、期待を胸にバスに揺られる。
一時間弱で到着。ターミナル一つ前で下車して山頂を目指す。
日の出まで30分程ある。ゴツゴツした登山道をゆっくりゆっくりと登った。
空気が薄い所為なのか息が上がるのが少し早い。
徐々に視界が広がる。2772M。眼前には昨日と全く違う大パノラマが広がった。
西風がちょっと強くなった。気温は10度位だけれど、体感はズーッと寒い。
待つこと15分。その時が来た。
雲海の東の隅を輝くオレンジ色の光線が天高く伸びる。日の出の瞬間だ。
今日一日の成功を祈った・・・。

c0096278_832182.jpg
c0096278_8321317.jpg
コマクサ[ケシ科コマクサ属]

c0096278_8322326.jpg
キウサギギク(別名キングルマ)[キク科ウサギギク属] とクジャクチョウ[タテハチョウ科]

今回の遠征はTHUNDER BIRDを求めてのものでしたが、敢え無く玉砕!?
秋の遠征にリベンジを期する
[PR]

by kjun5860 | 2009-08-15 08:51 | Trackback