干潟

c0096278_14375614.jpg
c0096278_2057752.jpg
Scaly-sided Merganser L57cm
c0096278_2059578.jpg
c0096278_14194128.jpg
Oystercatcher Adult BREEDING(Kamchatka to N China)L45cm
c0096278_20535597.jpg
Red-necked Stint JUVENILE
c0096278_20542350.jpg
Dunlin Adult
c0096278_2054486.jpg
Sanderling Adult NON-BREEDING
[PR]

by kjun5860 | 2015-03-29 21:01 | 旅鳥 | Trackback

HYBRID

鳥友のブログに何度か登場していたシギ。暖かくなって来たので会いに行って来ました。
7時前には現地に到着。
11時半には満潮だし午後からは雨の予想でしたので、午前中がチャンスかな?と。
簡単に見つかるだろうなんて、考えが甘過ぎました。10時を過ぎると鳥もほとんどいなくなる始末。第一ラウンド敢え無く撃沈・・・仕方なく車の中で昼寝を決め込んだ。ジタバタしても仕方ない。12時を過ぎた頃に再び干潟に出てみる。すると午前と比較にならないくらいの鳥・鳥・鳥。ハマシギ、ミユビシギ、オオソリハシシギ、ダイゼンなどが小さい干潟に所せましと舞い降りていた。その中から何とか見つけました。(*^。^*)
良かった!!Yさん、Hさん有難うございました。


c0096278_21372134.jpg
c0096278_17132436.jpg
c0096278_20422564.jpg
c0096278_17184342.jpg
c0096278_20463131.jpg

[PR]

by kjun5860 | 2015-03-29 17:40 | 迷鳥 | Trackback

オオセグロカモメ

今日も鳥見OFFでした。もう夏羽になっています。

c0096278_17424940.jpg
c0096278_1882590.jpg
Slary-backed Gull L64cm Adult breeding
[PR]

by kjun5860 | 2015-03-22 17:47 | 冬鳥 | Trackback

ウミウ他

鳥友からこの子はどっち?って問われて明確に答えられなかった。(^_^;)
改めて図鑑で確認しました。これが基本ですね。
カンムリカイツブリも繁殖色に変わりつつあります。春ですね!

c0096278_9393292.jpg
Japanese Cormorant L84cm
c0096278_9491948.jpg
Great Crested Grebe L56cm
c0096278_1024627.jpg
Heuglin's Gull?
[PR]

by kjun5860 | 2015-03-22 09:43 | 冬鳥 | Trackback

ニシセグロカモメに訂正しました


足の黄色いセグロカモメに会えました。ホイグリン(タイミレンシス)?カスピ?カザフ?図鑑やBIRDGUIDEを調べれば調べるほど迷ってしまいます。日本の野鳥650では足の黄色いセグロはニシセグロ(ホイグリン、タイミル)とキアシセグロカモメ(亜種カスピ、亜種カザフ)として記載があります。またハンドブック2010年改定版ではホイグリン、カスピ、カザフ、モンゴルと掲載があります。
日本鳥類目録改定第7版で1.セグロカモメ 2.キアシセグロカモメ-①モンゴル②カスピ③カザフ(カスピ亜種)3.ニシセグロカモメ-①ニシ②ホイグリン③タイミル(セグロとホイグリン交雑種)との説明があります。この子は??とても難しいです。(^_^;)
氏原さんのニシセグロとホイグリンの同定解説はこちらのURLです。
http://www.ne.jp/asahi/bird/walk/nanjya/identify/gull/j/L_H_gull.htm

c0096278_195043.jpg


c0096278_1952321.jpg

c0096278_20173737.jpg


c0096278_1955219.jpg


c0096278_196574.jpg


c0096278_6594690.jpg
Lesser Black-backed Gull Adult Winter L54-65cm

c0096278_716233.jpg
セグロカモメ(右手前)と羽色を比較するとほぼ同等かな?足は長く体型はスマートにみえますね。
c0096278_21105423.jpg
Slary-backed Gull L64cm
[PR]

by kjun5860 | 2015-03-21 19:18 | 冬鳥 | Trackback

コミミズク

風邪が長引いて2週間もフィールドから遠ざかってしまいました。この週末は久しぶりにフィールド復活できそうです。きっと夏鳥の飛来シーズンに替わっている事でしょう。
今シーズンは撮影機会がほとんどなかったこの子。画像は2014年1月の個体です。
剽軽な顔から獲物を狙う猛禽の顔へ。

c0096278_2130164.jpg
Short-eared Owl
[PR]

by kjun5860 | 2015-03-19 21:34 | 冬鳥 | Trackback

トラツグミ

ボディ全体の虎斑が絶妙です。大好きな野鳥の一人です。今シーズンは会えていないのが残念です。

c0096278_8523322.jpg
Scaly Thrush L29.5cm
[PR]

by kjun5860 | 2015-03-15 08:55 | 冬鳥 | Trackback

ノハラツグミ

2009年京都に飛来してくれた。帰りは平等院に寄って松花堂弁当を美味しくいただきました。
最近では2年前に多摩川にも来てくれましたね。

c0096278_164252100.jpg
Fieldfare L25-26cm 1st Winter
[PR]

by kjun5860 | 2015-03-14 16:45 | 迷鳥 | Trackback

マダラヒタキ

2006年秋でした。東北遠征で出会いました。なんとか記録できたかなといった程度の画像でした。

c0096278_146541.jpg
European Pied Flycatcher L13cm
[PR]

by kjun5860 | 2015-03-14 14:08 | 迷鳥 | Trackback

バライロムクドリ

2009年3月高知市まで遠征して出会えました。シャッターチャンスが少なかったので記録写真程度になりましたが、その晩の鳥友との祝杯では大いに盛り上がりました。

c0096278_13503681.jpg
Rosy Starling L20-22cm
[PR]

by kjun5860 | 2015-03-14 13:58 | 迷鳥 | Trackback