<   2008年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

サンコウチョウ

梅雨の晴れ間にプチ遠征した。暗い林に響き渡る“ツキヒホシ・ホイホイホイ・・・”の囀り、僕たちを魅了する姿と声の持ち主、サンコウチョウに会いたくて。
胸から顔、頭が黒紫色で一際目立つコバブルーのアイリングと嘴が印象的。背中から雨覆にかけて光沢のある紫褐色。対照的に体下面は白色。美しく長い尾は茶褐色。
飛んでいる姿はまるで妖精の舞のようだ。
そんな彼が好むのはこの暗い杉林だから、探すのも大変。声は聞こえるけれど・・・姿は見えずといった状態が続くのは覚悟の上だ。
チャンスを逃がさぬ様に耳を澄ませ、そのときを待ち続ける。
静寂を破って鳴き声が林に轟く、一瞬緊張が体を走る。彼の動きを逃さないよう目を凝らし、シャッターチャンスを待つ。
一日の格闘が笑顔に変わるのは満足が出来た画像をGETできた時だ。今日はまずまずかな。
お世話になった皆様有難うございました。


c0096278_22513967.jpg
スズメ目カササギヒタキ科 Japanese Paradise Flycatcher サンコウチョウ♂ L44.5cm 
[PR]
by kjun5860 | 2008-06-28 22:55 | Trackback

アカゲラ

シラカバやハンノキに2M~11Mくらいの高さで、東または南向きに30cm~40cm程の深さの巣穴を掘って営巣する。2週間くらいで孵化し25日~30日で巣立つ。だいたい2羽くらい。
一日に200回も餌を運ぶ。

c0096278_21565748.jpg
キツツキ目キツツキ科 Great-spotted Woodpecker アカゲラ♂ L24cm
[PR]
by kjun5860 | 2008-06-24 21:58 | Trackback

ツバメ

雨の合間に近所の公園へ。午前中に降った雨で出来た泥濘は、巣材集めに丁度良いみたい。

c0096278_19362719.jpg
スズメ目ツバメ科 Harn Swallow ツバメ L17cm
[PR]
by kjun5860 | 2008-06-21 19:44 | Trackback

アカゲラ

この林では今が子育ての真最中。親鳥が幼虫を沢山咥えて、巣穴に運び込む場面を数箇所で見ることが出来た。営巣木の脇を通り過ぎるだけでも、「キャッ キャッ・・」と警戒音を発して僕たちを牽制する。ちょっと後ろめたさも感じつつのちょっとショットでした。

c0096278_22323843.jpg
キツツキ目キツツキ科 Great Spotted Woodpecker アカゲラ♂ L24cm
c0096278_22331273.jpg
キツツキ目キツツキ科 Great Spotted Woodpecker アカゲラ♀ L24cm
[PR]
by kjun5860 | 2008-06-16 22:08 | Trackback

森林浴

初夏の林にキビタキやコルリの囀りが響き渡る。
明るい光に包まれ、澄み切った空気を肺一杯に吸い込んで、普段味わえないゆったりとした時間を過ごした。

c0096278_17572614.jpg
スズメ目ヒタキ科 Narcissus Flycatcher キビタキ L14cm
c0096278_17573948.jpg
スズメ目ツグミ科 Siberian Blue Robin コルリ L14cm
c0096278_17575352.jpg
スズメ目キバシリ科 Eurasian Treecreepe キバシリ L14cm
[PR]
by kjun5860 | 2008-06-15 18:12 | Trackback

アカショウビン

大好きなアカショウビンをアップします。昨年の画像ですが、突然真上の枝に止まって・・
見上げる体勢でのショットでしたが・・・(汗)。今年は期待したいですね(笑)

c0096278_21222793.jpg
ブッポウソウ目カワセミ科 Ruddy Kingfisher アカショウビン L27cm
[PR]
by kjun5860 | 2008-06-11 21:27 | Trackback

Pacific Diver

ほぼ夏羽の彼に会えた。その英名の通りウエットスーツを纏ったような姿・模様が印象的。
きっと太平洋の荒波もものともしないツワモノなのだろう。漢字でも白襟大波武(しろえりおおはむ)、名は体を表すだね。

c0096278_22284021.jpg
c0096278_22255857.jpg
c0096278_2227523.jpg
アビ目アビ科 Pacific Diver シロエリオオハム L65cm
[PR]
by kjun5860 | 2008-06-10 22:38 | Trackback

ハシジロアビ

友人から教えて頂き急遽東へ100km。小雨、濃霧もあったけれど到着の時には薄日も射すほどに回復してくれた。まだ幼鳥だと思うけれど、元気に育って美しい夏羽を見せて欲しい!

c0096278_22242949.jpg
c0096278_2225092.jpg


丘Diver?日光浴していた。この後、すべる様に入水して、沖へ狩に出かけていった。
c0096278_22253673.jpg
アビ目アビ科 Yellow-billed Diver ハシジロアビ幼鳥 L89cm
[PR]
by kjun5860 | 2008-06-09 22:32 | Trackback

カラフトアオアシシギ

カラフトアオアシシギに会って来た。既に20名くらいのバーダーやカメラマンが集まっていた。
満潮から約2時間が経ち、干潟もあちらこちらに出来始めた時だった。
200Mほどの沖合いで羽を休めていた彼らが、狭い干潟に舞い降りる。
オバシギ、コオバシギたちと共に。
採餌する彼らと慎重に間合いを取り、夢中でシャッターを切った。
警戒心が強くなかなか近づけないけれど、ワクワクする時間を過ごす事が出来た。
個体数が極端に少なく絶滅を危惧されている。この地でたっぷり栄養補給をしてから、繁殖地へ旅立って欲しい。

c0096278_20395389.jpg
c0096278_20401945.jpg
チドリ目シギ科 Nordmann's Greenahank Adlut Breeding カラフトアオアシシギ L30cm

すっかり夏羽になったコオバシギ。
c0096278_20405754.jpg
チドリ目シギ科 Red Knot Adlut male Breeding & Great Knot  Juvenile コオバシギ&オバシギ幼鳥? L24.5cm L28.5cm
[PR]
by kjun5860 | 2008-06-08 20:53 | Trackback

アオバズク

青葉の季節になるとやってくる中型のフクロウ。今年も来てくれた。(笑)
沢山の雛たちを育ててくれる事を楽しみにしています。頑張れ!

c0096278_2158283.jpg
フクロウ目フクロウ科 Brown Hawk Owl アオバズク L29cm
[PR]
by kjun5860 | 2008-06-05 22:02 | Trackback


野鳥たちとの出会いの瞬間を切り取りました。


by kjun5860

画像一覧
通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

メモ帳

お気に入りブログ

oziro-撮影日記
今日の1枚
風の色を探しに…
Sam's Birds ...
野鳥大好き!闘将・N
とれたと野鳥
湘南BIRDER
ブログ鳥達との出会い
N_BIRDERの野鳥b...
Birding in ...
MSのBLOG
healing-bird

ライフログ


決定版 日本の野鳥650


ワシ・タカ・ハヤブサ識別図鑑


日本の野鳥590


鳥 (学研の図鑑LIVE(ライブ))


Princeton Field Guides Birds Of Southeast Asia


A Field Guide to the Birds of South East Asia (Collins Pocket Guide)


Birds of Australia (Princeton Field Guides)


The Slater Field Guide to Australian Birds


National Geographic Field Guide to the Birds of North America, Fifth Edition (National Geographic Fi


A Field Guide to the Birds of Hawaii and the Tropical Pacific


Shorebirds: An Identification Guide to the Waders of the World


<おもしろくてためになる>鳥の雑学事典

最新の記事

ノゴマFinal
at 2018-10-28 18:52
ノゴマagain
at 2018-10-27 18:58
またまたノゴマ
at 2018-10-26 22:25
またノゴマ
at 2018-10-25 22:14
チュウヒ(大陸型)
at 2018-10-23 18:43
ノゴマPart2
at 2018-10-22 22:00
ノゴマ
at 2018-10-21 19:17
クマタカ
at 2018-10-13 20:35
ゴジュウカラ
at 2018-10-13 20:11
オウゴンチョウ
at 2018-10-13 05:19

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

カテゴリ

全体
夏鳥
漂鳥
冬鳥
旅鳥
迷鳥
留鳥
EX:絶滅種
EW:野生絶滅
CR:絶滅危惧ⅠA類
EN:絶滅危惧ⅠB類
VU:絶滅危惧Ⅱ類
NT:準絶危惧種
DD:情報不足
未分類

最新のトラックバック

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧