<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ヤイロチョウ(八色鳥)

遂にこの日がやって来ました。バードウォッチングを始めて以来、会いたいと思い続けてきたヤイロチョウとの出会いです。森の妖精と言われているとおり会うことの難しい憬れの子だ。
鳥友からの知らせで予定を変更して、日帰り強行。その甲斐があって素晴らしい出会いとなりました。台風の影響も殆ど無く念願成就でした。
16GB目一杯。1,400shotでした(笑)
知らせてくれた鳥友をはじめ、現地でお世話になった皆様有難うございました。
c0096278_12473287.jpg

c0096278_1151419.jpg
Fairy Pitta L18cm

「欲張りPitta」

Fairy Pittaはもともとクリーム色の尾の長い小鳥でした
でもそんな地味な装いが嫌で嫌で仕方がない。
綺麗な色をしたミツユビカワセミさんやノドアカタイヨウチョウさんたちが羨ましい。
鏡の前で焦げ茶色の帽子を被ったり、黒いマスクを懸けてみたりといつもアレコレ着飾っていました。

そんな彼がある日、ふといい事を思いつきました。
それはこの森に住んでいるお友達から綺麗な羽を分けてもらう事。そうすれば自分がこの森で一番綺麗になれるに違いないと。随分身勝手な思い付きではありませんか?でも思いついたらもう居ても立ってもいられません。妖精の森をピョンピョン、ピョンピョンと友達を探し廻りました。

最初に出会えたのはインドブッポウソウさん。彼の翼のコバルトブルーはいつもいつも輝いていて、いつもあんな翼があったらなあと思っていたのでした。
Pittaは挨拶もそこそこに思いを告げると、心優しいインドブッポウソウは“お安い御用さ”と翼のコバルトブルーの羽を抜いてPittaのクリーム色の翼に刺してくれました。
それはそれは大層お似合いで大喜び。お礼もそこそこに次のお友達を探しに立ち去る有様でした。
次に見つけたのはバラエリキヌバネドリさんだ。真っ赤な胸は妖精の森の住人たちからも評判。
インドブッポウソウさんの時と同じように胸の真っ赤な羽をおねだりした。バラエリキヌバネドリさんも“仕方がないねえ~、でもこの胸の羽を同じ所につけてはいけないよ!”って言いながら、胸より少し下のお腹からおしりに付けてくれまた。でもクリーム色とのコントラストがいい感じでまたも大喜び。どんどんイメージチェンジが進んでいくのが楽しみで仕方がない様子。さあ次に会えるのは誰だろう?Pittaは森の奥へ奥へとピョンピョン。ピョンピョン。

(中略・・・)

見違えるほど沢山の羽を身に着けて自信満々の帰り道。
大きな大きな老木の脇と通り抜けようとしたとき、影から彼を呼び止める声が聞こえました。
“Pittaよ!Pitta 良くお聞き。
 お友達から沢山の羽をもらってさぞ嬉しい事だろう
 見違えるくらいに派手な姿になったもんだ。
 そんなに・・・

(中略・・・)

両親から受け継いだ姿を大切にしない彼にお仕置きです。
声の主、森の神様はPittaの長い尾羽を抜いてしまったのです。
クリーム色の姿から沢山の色を纏う事ができたけれど、抜かれてしまった長い尾羽は二度と伸びる事はありませんでした。
その時以来今の姿になったのだと。

こんなFairytailではなくてFairytaleも出来そうだなあ~ でも残るところは茶色と黒とエメラルドグリーンと白と・・・・・・まだまだ探さないとなあ~。そんなに綺麗な森の住人が浮かばないし・・・とりあえずこのくらいにしておきます。
[PR]
by kjun5860 | 2011-05-29 07:12 | Trackback

トラフズク

c0096278_2350203.jpg
Long-eared Owl L38cm
[PR]
by kjun5860 | 2011-05-24 23:52 | Trackback

サンコウチョウ

c0096278_2213166.jpg
japanese Paradise Flycatcher L44.5cm
[PR]
by kjun5860 | 2011-05-20 22:16 | Trackback

サシバ

c0096278_2223537.jpg
c0096278_22155955.jpg
c0096278_2221267.jpg
Grey-faced Buzzard L47-51cm
[PR]
by kjun5860 | 2011-05-18 22:17 | Trackback

アマサギ

c0096278_23111857.jpg
Cattle Egret L51cm
[PR]
by kjun5860 | 2011-05-16 23:12 | Trackback

RED-NECKED繋がり・・・

利根川水域田んぼ廻り。
震災の影響が各所に残っている。
特に下流域の田んぼへの被害が酷く、田植えも相当遅れているようだ。
ちょっと場違い感を味わい戻りつつ探鳥した。
徐々に被害もなくなりこの子たちに会うことが出来ました。

c0096278_19212558.jpg

c0096278_18565637.jpg
c0096278_21154960.jpg
Red-necked Stint Adult BREEDING L15cm

c0096278_21423785.jpg

c0096278_18591037.jpg
Red-necked Phalarope female BREEDING L18cm

繋がってないけど・・・(汗)
c0096278_2181674.jpg
Pacific Golden Prover Adult BREEDING L34cm
c0096278_20574449.jpg
Ruddy Turnstone L22cm
c0096278_2142011.jpg
Whimbren L42cm
[PR]
by kjun5860 | 2011-05-15 19:00 | Trackback

ハヤブサ

c0096278_641273.jpg
Peregrine Falcon L42-49cm
[PR]
by kjun5860 | 2011-05-15 05:38 | Trackback

ツルシギ

c0096278_22478100.jpg
Spotted Redshank BREEDING L32cm
[PR]
by kjun5860 | 2011-05-12 22:48 | Trackback

チュウシャクシギ

c0096278_226369.jpg
Whimbrel L42cm
[PR]
by kjun5860 | 2011-05-10 22:07 | Trackback

クマンバチ

トンボを探していると目の前をブンブン。ハナバチ?クマバチ?ホバリングが上手な子ですね。
♂は刺さないけれど、♀は刺すのだそうです。やっぱり!!

体長は2cmを超え、ずんぐりした体形で、胸部には毛が多い。全身が黒く、翅も黒い中、胸部の毛は黄色いのでよく目立つ。初夏に出現し、フジの花などに来訪するのがよく見られる。 食性は、他のハナバチ同様、花蜜食。但し、花の根元に穴を開け、蜜だけを得るするため、花粉は媒介しない。(Wikipediaより)


c0096278_21481932.jpg

c0096278_2148797.jpg
クマバチ

c0096278_2157576.jpg
シオヤトンボ♂
c0096278_2157222.jpg
c0096278_21573864.jpg
ハラビロトンボ♂
c0096278_2158785.jpg
ハラビロトンボ♀

雄雌ともに顔面の額上部が青色の金属光沢を放つようになる(Wikipediaより)
[PR]
by kjun5860 | 2011-05-08 21:48 | Trackback


野鳥たちとの出会いの瞬間を切り取りました。


by kjun5860

画像一覧

メモ帳

お気に入りブログ

oziro-撮影日記
今日の1枚
風の色を探しに…
Sam's Birds ...
野鳥大好き!闘将・N
とれたと野鳥
湘南BIRDER
ブログ鳥達との出会い
N_BIRDERの野鳥b...
Birding in ...
MSのBLOG
healing-bird

ライフログ


決定版 日本の野鳥650


ワシ・タカ・ハヤブサ識別図鑑


日本の野鳥590


鳥 (学研の図鑑LIVE(ライブ))


Princeton Field Guides Birds Of Southeast Asia


A Field Guide to the Birds of South East Asia (Collins Pocket Guide)


Birds of Australia (Princeton Field Guides)


The Slater Field Guide to Australian Birds


National Geographic Field Guide to the Birds of North America, Fifth Edition (National Geographic Fi


A Field Guide to the Birds of Hawaii and the Tropical Pacific


Shorebirds: An Identification Guide to the Waders of the World


<おもしろくてためになる>鳥の雑学事典

最新の記事

ツミ
at 2018-04-15 16:29
サシバ
at 2018-04-14 12:51
ウミスズメ
at 2018-04-07 17:26
シマアジ
at 2018-04-01 13:16
ミツユビカモメ
at 2018-03-25 09:58
春の海
at 2018-03-24 21:19
アビ
at 2018-03-24 20:59
スズガモ
at 2018-03-24 18:06
マヒワ
at 2018-03-17 19:21
マヒワ
at 2018-03-10 17:53

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月

カテゴリ

全体
夏鳥
漂鳥
冬鳥
旅鳥
迷鳥
留鳥
EX:絶滅種
EW:野生絶滅
CR:絶滅危惧ⅠA類
EN:絶滅危惧ⅠB類
VU:絶滅危惧Ⅱ類
NT:準絶危惧種
DD:情報不足
未分類

最新のトラックバック

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
カメラ

画像一覧